Home > 女子力研究レポート > 何かを失うということ、その隙間を埋めるということ

何かを失うということ、その隙間を埋めるということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

何かを失うということ、その隙間を埋めるということ

例えば、ただ布団に包まってじっとしていたとしても。

時間は勝手に過ぎていくし、自分でも気付かない間に多くのモノを失ってしまう。

それは誰かに向けて投げかけた精一杯の感情だったり。

かつて好きだった人の名前や顔の形だったり。

失わないための防衛策もなければ、取り戻す術さえも知らない。

私は多くのものを失った。ただ単にそれだけのことなのかもしれない。


数年前、私は多くのものが失われていくことに焦っていた。

このまま失い続ければ、私は空っぽになってしまうのではないか。

せめてもの抵抗として、所持している記憶をできるだけ鮮明に掘り起こしてみた。

その記憶に映った人物は、私の着ぐるみを纏った別人のように見えた。

どうして笑ったり泣いたり怒ったりしているのか、私にはまるで理解できなかった。

それは誰かが描いた一枚の絵のようであり、肝心のストーリーが抜けていた。


どうせ失ってしまうあれば、同じように新しいモノを取り入れればいい。

私は空虚感を埋めるために、人々の話に進んで耳を傾けた。時には作り笑いもした。

しかし、どんなに新しいモノを求めても一向に空虚感は埋まらなかった。

人々の話は左の耳から入って、そのまま右の耳から出ていった。

感情は心を通り過ぎて、服のポケットから零れ落ちていった。


当時の私は、肝心なことを忘れていた。

それは、とても単純であたりまえのこと。

人から何かを求めるのであれば、まずは自分から何かを与えなければいけない。

私はただ求めるばかりで、何一つ与えようとはしなかった。

相手のことを知ろうとしなければ、誰も扉を開けてはくれない。

壁に塞がれたままでは、大切なことは何一つ届かない。


私には人に与えられるようなモノなど、ほとんど何も無いのかもかもしれない。

だけど、人が誰かに与えられるモノなんて、本人にも相手にもわからない。

私にできることは、自らが何かを与えようとする姿勢を相手に示すこと。

扉をノックする。こんにちは。私にできることは何かありませんか。

ただ単にそれだけのこと。何も飾る必要はない。

何もなければそれでいい。気持ちだけでも伝わればいい。


過去が美しく見えるのは、その殆どがすでに失われてしまったから。

時間が経てば大抵のことは許せてしまう。そんなもんだ。

無理に過去を振り返る必要なんてどこにもない。

ゆっくりでもいいから、少しずつ前に進んでいこう。

何かを与える姿勢を見せれば、相手もきっと心を開いてくれる。

そうやって徐々に心の隙間を埋めていけば、新しい自分として生まれ変わることができるはず。



関連する記事

Home > 女子力研究レポート > 何かを失うということ、その隙間を埋めるということ

ブックマーク
応援ボタン
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
Twitter
タグクラウド

Return to page top